海外旅行、何度でも訪れたい場所がある

旅 × 音楽

2019年初めての旅、1,2月はフィリピンに行ってきました。
フィリピンは今回で3回目の訪問。
2017年から毎年訪れています。

今回の目的地は3つ。

1.

2.

3.

一番目の写真

Tago Jazz Cafeの写真。
旅先にジャズがある。
当然フィリピンを訪れたらここにも行くのが必然である。

一週間の予定はこんな感じ。

水曜日
コード楽器(ギターやピアノ)はいませんが、ドライブ感が強くパワーがあるバンド。
スタンダード曲中心。

木曜日
ビバップナイト。
ジャズのビバップ曲が中心。
速い曲が多く、テンポについて行くのが大変だった。

日曜日
ジャムセッション、ジャズ&ヒップホップ。
ジャズのスタンダードはもちろん、ビートが強めのヒップホップ曲をジャズのアドリブを加えた曲をやったり。

本当は土曜日Peta(去年の写真のサックス奏者)のライブにも行きたかった……。
けど今回週末は島に居たため行けず。

ジャムセッションは日曜日のみですが、どの日に行ってもセッションはさせてもらえました。
お店のオーナーとも知り合いで交渉するのがスムーズというのもあります。
何度も行くと顔を覚えられるのもいいところ。

二番目の写真

2017年、フィリピンに暮らしている日本人、Haseさんに出会い、集落に連れて行ってもらいました。
そこで子供と遊んだ時の写真。
フリスビーとかキャッチボールとか。

今年はバスケットボール。
自分中学時代はバスケ部でした。

……3カ月だけ ←

ただ運動神経は少し自信があります。
体力はあれどもノーコンなのですが。
なので運動量でカバーするスタイル。
(バスケならシュートを打てどもゴールに入らない。ただドリブルでボールを後ろに回したり自分の足の間にドリブルで通したりはできる)

ドリブルの高さだけは子供に合わせて、大人の身体能力を存分に使い相手をしました。

特にこの子。
まだ9歳の男の子ですが、本気で相手をしなければ負けそうになる。
英語は話せないながらも身振り手振りで1on1をしようと伝えてくる。
他の子ともバスケをしましたが、群を抜いて上手い。

フィリピンはバスケットボールの国。
至る所でストリートバスケが行われています。

因みにサッカーはほとんど見かけません。

三番目の写真

去年Melecioの家にCouchsurfで泊まった時の写真。
前回訪れたときは自分に時間がなく、一緒に行動することはありませんでした。
なので再び彼を訪れ、今年は島に行きました。

Marikaban島というところ。
今まで見たビーチの中で一番きれい。
この島の頂上にも登りましたが、上からでも海が透けて見える。

前回の高校生の子たち(去年の写真より)は来れませんでしたが、別の生徒、中国からの旅行者、Melecioと一緒に島に行きました。
フィリピンに行ってマニラの外に出るのは実は初めて。

もう一度訪れたい場所はありますか?

皆さんはもう一度訪れたい場所はありますか?

僕はフィリピン、ロシアは毎年訪れたい場所です。
(友達と音楽の為に)

来年もまたフィリピンへ。
次は上の3枚の写真に加えこの場所も再び訪れます。

See you in 2020!!