トロンボーンで速く演奏する方法/ダブルタンギング、ドゥードゥルタンギングの練習

旅 × 音楽

トロンボーンで速いフレーズを演奏することは他の管楽器に比べると大変です。
トランペットやサックスならば、ボタンを押して息の流れを変えるだけで、音が変わります。
しかしトロンボーンの場合、スライドを動かし息の流れを変え、そしてタンギングをする必要があります。

他の楽器と違いトロンボーンで速いフレーズを演奏する上で難しいところは2つ。

  1. 速くスライドを動かすこと
  2. 速いタンギングをすること

今回はトロンボーンで速く演奏するため”速いタンギングすること”、その為のダブルタンギングドゥードゥルタンギングの練習方法を書いていきます。

ダブルタンギングとドゥードゥルタンギングの違い

まずはダブルタンギングドゥードゥルタンギングの違いから。
とは言っても、これの厳密な違いを聞かれると正しい答えを返すのは至難です。
大学時代にプロのミュージシャンに聞いたのですが、返ってくる答えは違うからです。

  • ダブルタンギングとドゥードゥルタンギングは同じ。
    (ダブルタンギングをレガートでスムーズにしたのがドゥードゥルタンギング)
  • タンギングの発音で”da-ga da-ga”がダブルタンギング、”doo-dle doo-dle”なのがドゥードゥルタンギング。
  • 下を口の中の4カ所で使う。シラブルは”ta-ka-ti-ki”。
    etc…

ミュージシャンごとに違う答えが返ってきました。
ネットで検索しても同様で記事によって定義、説明の仕方が異なります。

自分が練習した結果、自分の中でのダブルタンギングドゥードゥルタンギングの違いは……

  • ダブルタンギングとドゥードゥルタンギングは本質的には同じ。
  • ダブルタンギングをレガートにしてスムーズにする際にシラブルが”doo-dle doo-dle”というシラブルになる。

ダブルタンギング(ドゥードゥルタンギング)の練習

ただダブルタンギング(da-ga da-ga)を使ってもレガートにはならず、スムーズさを求められるジャズのソロではあまり参考になりません。
その為、ダブルタンギングをスムーズにしたドゥードゥルタンギングのシラブル(doo-dle doo-dle)を使った練習を書いていきます。

練習は”doo-dle doo-dle”の発音を”da-ga da-ga”に変えることでダブルタンギングの練習にすることもできます。
ダブルタンギングに慣れていない場合はまずそちらから練習してください。

1. 1つの音で練習する

まずは音を変えずに一つの音での練習します。


最初は普通のタンギング(dah-dah)とドゥードゥル(doo-dle)を交互に練習します。

シラブルは”doo-dle”ですが二つ目の”d”は発音しません。
その為、二つ目の”d”には括弧を付けています。
日本語の発音も”ドゥードゥル ドゥードゥル”ではなく”ドゥル ドゥル”です。

練習の初めは、舌の動きに戸惑うため、楽器ではなく口で歌ってみるのも効果的です。

いきなり楽譜いっぱいに16分音符で練習するのは推奨できません。
無理矢理に演奏しようとするが為に、変なクセが付いてしまう恐れがあるからです。
まずは少ない音から始め、慣れてきたら連続してできるタンギングの数を増やしていきます。


2音から4音。


4音から8音。

楽譜は全てFメジャーの音階で書いてあります。
タンギングに慣れるのが目的のなので全てのキーで演奏する必要はありませんが、異なる調で練習することも効果的です。


最後はチャレンジ用。
ジャズトロンボーン奏者、Delfeayo Marsalis(デルフィーヨ・マルサリス)のAutumn Leavesより。
画像では途中までしか書いていませんが、練習では半音ずつ下がっていってください。

動画の2:39に1つの音(D)をアクセントの位置を変えつつ、連続してタンギングしています。

耳コピ楽譜: https://isseiec.com/transcriptions
デルフィーヨ・マルサリスのソロ分析: https://isseiec.com/autumnleaves

2. 音を変えながら練習する

1つの音での練習に慣れてきたら、次は音を変えながら練習していきます。


1つの音と音を変えるパターンの組み合わせ。

タンギングの方法は1.の1つの音の練習と同じです。

注意すべきことは2つ。

  1. “タンギング”と”スライド”の動きを揃えること
  2. F-GやBb-Cなどの倍音の変わり目

特に2.がくせ者です。

倍音の変わり目は息の流れを変える必要があり、それに加えスライドの動きも大きくなります。
初めは1つの音の練習よりもテンポを落とし正確性を高め、慣れてきたら少しずつスピードを上げてください。

そしてこちらも3音から音の数を増やしていきます。


こちらもFメジャーのキーのみ書かれていますが他の調にも変えて練習してください。

3. 実践練習

  • 1.ではダブルタンギング(ドゥードゥルタンギング)に慣れる練習
  • 2.ではダブルタンギング(ドゥードゥルタンギング)を使いながら、音を変える練習

ここまで来て3.の実施練習に入ります。

トロンボーンのソロのCDを聞きながら一緒に演奏してみる

実施練習としてまずは実際にトロンボーンのソロのCDを聞きながら一緒に演奏してみましょう。
以下のリンクにトロンボーンの耳コピした楽譜のPDFがあるので、それを参考に音源を聴きながら練習してください。

耳コピ楽譜: https://isseiec.com/transcriptions

初めから100パーセントのスピードで演奏するのは非常に困難です。
まずは携帯アプリなどを使って音源のスピードを落として始めます。
スピードよりも先に正確性、そして細かいニュアンスを揃えることを意識してください。
慣れてきたらスピードを少しずつ上げていきましょう。

オススメはドゥードゥルタンギングのパイオニアであるCarl Fontana(カール・フォンタナ)。
アルバムのThe Great Fontanaはどのソロもタンギングが滑らかでスムーズです。

The Great FontanaのI thought about youの耳コピ譜より。

この曲のテンポは130ほど、アルバムの中の他の曲と比べそれほど速くはありません。
しかしソロの18小節目で16分音符のフレーズが出てきます。

このフレーズを繰り返し何度も聴きながらドゥードゥルタンギングを練習するのは効果的な練習方法です。

カール・フォンタナのソロ分析: https://isseiec.com/carlfontana

全ての音をダブルタンギング(ドゥードゥルタンギング)で演奏する

ダブルタンギング(ドゥードゥルタンギング)を上手くなるためにはどうすれば良いか?
その答えは簡単です。

ダブルタンギング(ドゥードゥルタンギング)を使えば良いんです。

使えば上手くなるし、逆に使わなければ上手くなることはありません。
それなら……

全ての音をダブルタンギング(ドゥードゥルタンギング)で演奏すれば良いんです。

動画は英語。
お気に入りのトロンボーン奏者兼ユーチューバーのPaul The Trombonistより。
プロのトロンボーン奏者Steve Armour(スティーブ・アーマー)との対談。
5:14から。

When you are playing in the ensemble, and it’s not a really critical situation like just the rehearsal and so on…
Double-tongue everything! Whatever the volume and whatever the tempo…
I used to do that in all my rehearsal in grad school. I double tongued… literally every notes.

合奏中、練習などの本当に重要な状況でない場合、音量や速さに関係なく全てダブルタンギングを使いなさい。
自分は大学院の時のリハーサルでそうやっていた。文字通り全ての音でダブルタンギングしていた。

全ての音をダブルタンギング(ドゥードゥルタンギング)で演奏すれば良いんです。

これを聞いてからは自分も合奏の間はアクセント、音量、曲の速さに関わらずダブルタンギング(ドゥードゥルタンギング)。

ダブルタンギング(ドゥードゥルタンギング)を完璧にするということは、ダブルタンギング(ドゥードゥルタンギング)でアクセント、音量、曲の速さに関わらず演奏できるということです。

もしもダブルタンギング(ドゥードゥルタンギング)でできないなら、そこは自分の弱点、要練習ポイントです。

全ての音をダブルタンギング(ドゥードゥルタンギング)で演奏できるようにしましょう。