上海(中国)を半日観光/トランジットを利用して観光しよう

旅 × ストーリー

海外旅行に行く場合飛行機の乗り換えが発生することがあります。
乗り換え先で半日近くかかるトランジット、その場合はその場所を見て回るチャンスでもあります。

しかしトランジットで観光する場合は事前に調べて行った方が絶対いいです ←経験則

今回はそんな上海(中国)でのトランジットの話。

反省1 行く先の国について調べましょう

スウェーデンへ行く旅程のトランジット。
中国の上海にてで半日ほど時間ができました。
案の定、旅に行く際は特に予定を立ててはいないので上海に着いた際も……

  • 外に出るのは面倒だから空港にいよう
  • せっかくだから少し上海を見て回ろう

これらが半々で心の中でせめぎあっていました。
しかし中国について全く調べていなかったためにここで問題が発生します。

  • Google Chrome ×
  • Google Map ×
  • Facebook ×
  • …………

空港でWiFiが使えるのにほとんどのアプリが使えない!
中国でFacebookが制限されているというのは聞いていましたが、まさかほとんどのアプリが使えなくなるとは……。

このようなことは事前に調べておけば問題はなかったはずです。
しかし、毎度のように『行けばどうにかなる!』と考えていた為に起こってしまった。

『よし、観光するか!!』

反省2 トランジットで観光する場合はしっかりと計画を立てよう

『何かよくわからないけど、とりあえず電車に乗ってどこかそれっぽいところに行こう』

  • 浦东国际机场 Pudong International Airport

ここが現在地。

Park!一番近い公園に行ってみるか!!』

  • Zhangjiang High Technology Park 张江高科

何にもない。
ここは本当に中国か?

ていうか、よくよく見たら张江高科……。
『高科』って……学校のことか??

もう少し先にCentury “Park”が世纪”公园”ってなってる。
こっちが公園のパークか。

张江高科には本当に何もなかった。

ただ空振りだけして空港に戻れるか!!

正直少し疲れました。
肩透かしを食らったことが結構ダメージが大きかったです。

おまけにネットを使うこともできません。
お店でWiFiを利用しようものなら携帯電話の番号を求められます。
そして日本の番号は使えないという。

『それでもただ空振りして空港に戻れるか!!』

半ばやけくそになりつつも駅に戻って再び駅名を確認。

  • 静安寺 Jing’an Temple

“寺”と”Temple”

『ここなら絶対に何かあるだろう!!』

解決策 トランジットで観光するなら事前に計画を立てよう

普段は旅の計画を立てることはほとんどありません。
しかしこれからは、

トランジットで観光するなら事前に計画を立てます。

行く場所を最低一つピックアップ
そうすればその周りにあるもので時間をつぶしたりできますので。

その上で、行くならば空港から乗り物一本で行ける場所が望ましい
空港から直通で行ける場所なら限られた時間でも簡単に帰ってくることができます。
最悪の場合はタクシーを利用してもいいかもしれません。

特に中国ではアプリが使えないというトラブルもありましたが、限られた時間のトランジットなら事前にやることを決めておこう。