世界で一番のトロンボーン奏者

楽器の練習

世界で一番のトロンボーン奏者

世界で一番のトロンボーン奏者は誰か?

自分自身もトロンボーンを演奏します。
そしてトロンボーンの音源を聴いたり、耳コピなどをしている身としてはより良い演奏から学びたいとして常々思っています。
なので『世界で一番のトロンボーン奏者は誰か?』というのは重要な問題です。

それに関し、先日この様なものを見つけました。

歴史上のトロンボーン奏者ランキング(英語): https://www.ranker.com/list/greatest-trombonists-of-all-time/ranker-music

ランカー.comという英語サイトより。
ランカー.comはざっくり言うと、誰でも投票できる何でもランキングサイト。
トピックは多岐にわたり、本や食べ物、買い物リストに芸能人などなど。
当然音楽もあります。
その中でのトピック『世界で一番のトロンボーン奏者は誰?』

それこそが、歴史上のトロンボーンプレイヤーランキングという訳です。

一応トロンボーンのトピックに関しては、

ジャズトロンボーン奏者ランキング: https://www.ranker.com/list/best-jazz-trombonists-in-the-world/ranker-music
現在活動中のトロンボーン奏者ランキング: https://www.ranker.com/list/best-trombonists-in-the-world/ranker-music

などもあります。
しかしながら、

  • 投票者数と投票数が歴史上のトロンボーン奏者ランキングには及ばない
  • 現在活動中のトロンボーンのみに限られる
  • 現在活動中にすでに亡くなっているトロンボーン奏者が入っている(投票のルールに合致していない)

この様な理由で歴史上のトロンボーンプレイヤーランキングが世界一のトロンボーンの方が信用が高そうです。

皆が選んだ世界一のトロンボーンを見ていきます。

なお、このランキングは2019年10月時点のものです。
投票によってはランキングが変動する恐れがあります。

Bill Watrous(ビル・ワトラス)

上から見ていきますが、いきなり3位。

  • 1位 J.J. Johnson(J.J.ジョンソン)
  • 2位 Frank Rosolino(フランク・ロゾリノ)
  • 3位 Bill Watrous(ビル・ワトラス)

正直トロンボーンはジャズのフロントの中ではサックス、トランペットに比べるとあまり知られていません。には納得がいきません。

ジャズにおけるトロンボーンは他のフロント楽器、サックスやトランペットに比べるとあまり知られていません。

その中でもJ.J.、ロゾリノはビバップ時代の『ジャズトロンボーンの開拓者として』、知名度が非常に高いです。
知名度の高さがランキングに影響を与えてしまうのは仕方がないこと。

ロゾリノに関してはナチュラルスラーが上手く演奏技術も高い。
トロンボーン吹きで『彼が特別好き』というファンもいます。

J.J.は……当時は凄かったというのが僕の個人的な評価です。

なのでジャズトロンーんの開拓者としてのランキングなら1位、2位も理解できます。

しかし世界一のトロンボーンを名乗るならBill Watrous(ビル・ワトラス)の方がふさわしいのではないでしょうか?

(ワトラスのソロは3:45から)

演奏技術、ソロの独創性は語るまでもありません。
それに加え、ワトラス唯一と言えるほどのトロンボーンとは思えないほど繊細で柔らかい音質。

ビル・ワトラスが世界一のトロンボーンなら納得です。

Carl Fontana(カールフォンタナ)

個人的な推し1、Carl Fontana(カールフォンタナ)

トロンボーン界隈ならドゥードゥルタンギングで非常に有名です。
以下は”The Great Fontana”というフォンタナの最初のリーダーアルバム。

 

このアルバムからはタンギング、フレーズ……演奏のどこを切り取っても学ぶところがあります。
『トロンボーンをやっているなら必聴』と言っても過言ではない。

もう耳コピするしかない!!

トロンボーンは○○に学べランキングなら間違いなくカール・フォンタナを歴史上の一番です。

カール・フォンタナ(Carl Fontana)のソロ分析: https://isseiec.com/carlfontana
カール・フォンタナ(Carl Fontana)の耳コピ: https://isseiec.com/transcriptions

Joseph Alessi(ジョゼフ・アレッシ)

Joseph Alessi(ジョゼフ・アレッシ)。
ジャズではなくクラシック奏者。
トロンボーンをやっているならば、一度は名前を聞いたことがあると思います。
というのも、トロンボーンならジャズよりも吹奏楽やオーケストラから始める人の方が多いから。
アレッシはクラシックトロンボーンで歴史上一番を決めるなら間違いなく三本の指に入る実力者です。

クラシックトロンボーンでは他にもクリスティアン・リンドベルイ(後に出てくる)が有名ですが、アレッシは音の圧が強いです。

クラシックトロンボーンの歴史上一番ならジョゼフ・アレッシを押します。

以下はどちらもFerdinand Davidのトロンボーンコンチェルト。
アレッシとリンドベルイ、2人の演奏を聴き比べてみるのは非常に面白いです。

Wycliffe Gordon(ワイクリフ・ゴードン)

個人的な推し2。

一番”好きな”ジャズトロンボーン奏者は誰ですか?

ジャズトロンボーン……すぐには答えらないです。
むしろ、一番を決めるのは無理。
候補を何人か上げるだけなら、その中にワイクリフ・ゴードンが入ります。

動画ではアレックス・アイルズ、ワイクリフ・ゴードン、マイケル・ディーズとソロを取っていきます。

この真ん中のワイクリフ・ゴードンの存在感!

演奏の特徴としてはトロンボーンの独自性が確立されています。
サックス奏者の様なスムーズな演奏ではなく、トロンボーン使った尖りのある演奏ががワイクリフ・ゴードンの強みです。
激しいソロが多いワイクリフ・ゴードンはお気に入りです。

Christian Lindberg(クリスティアン・リンドベルイ)

Christian Lindberg(クリスティアン・リンドベルイ)、世界でただ1人フルタイムのソロ・トロンボーン奏者。
すなわち、楽団に入らずとも、バンドを持たずとも、ただソロ・トロンボーンのみで食べていける人です。
その時点ですでに世界一、ナンバーワンのみならずオンリーワン。

クラシカルトロンボーンならジョゼフ・アレッシ、リンドベルイどちらが凄いかで賛否は上がりますが、まずどちらも3本の指に入る実力者です。
演奏だけを比べた場合、リンドベルイよりもジョゼフ・アレッシが好みです。
しかしアレッシは純クラシックの演奏が多いですが、リンドベルイは現代曲もレパートリーも豊富です。

曲はモーターバイク協奏曲。
トロンボーンでバイクの音を模倣しています。

Curtis  Fuller(カーティス・フラー)

Curtis  Fuller(カーティス・フラー)……。
来ちゃったか……。

画像でわかるとおり、ランキングの中で唯一マイナスのボタンを押しました。

そうです、個人的にカーティス・フラーは好きではないからです。

(カーティス・フラーのソロは2分49秒から)

演奏技術は高く、ソロもしっかり取ってます。
特にMoment’s Noticeはテンポが速く、コード進行も難しい曲です。
ただ……

一つ一つのフレーズが非常に短い!

フレーズをぶつぶつ、ぶっつぶっつ切ります。

別にカーティス・フラーが好きな人を否定する訳ではありません。
ただ個人的にカーティス・フラーは好きではないです。

Slide Hampton(スライド・ハンプトン)

個人的な推し3、Slide Hampton(スライド・ハンプトン)

スライド・ハンプトンはコードから外れて演奏するのが非常に上手いです。

(スライド・ハンプトンのソロは6分48秒から)

冒頭三小節目でコードから外してすぐに戻ってきています。

カール・フォンタナはタンギング、スライド・ハンプトンはコードの捉え方。
自分の中ではトロンボーンの教科書的存在な2人です。

スライド・ハンプトンの耳コピ: https://isseiec.com/transcriptions
スライド・ハンプトンのソロ分析: https://isseiec.com/ladybirdslidehampton

Arthur Pryor(アーサー・プライアー)

Arthur Pryor(アーサー・プライアー)。
トロンボーンのパガニーニと呼ばれる人。
パガニーニはバイオリンの超絶技巧として有名です。
トロンボーンのパガニーニということは、トロンボーンの超絶技巧で有名だということ。

演奏は素晴らしい!
しかし録音が古く音質が非常に悪い!!

それもそのはず、この録音は1901のもの。
是非とも今のレコーディング環境、もしくは生きていたら直接聴いてみたいトロンボーン奏者の一人です。
アーサー・プライヤーは演奏のみならずトロンボーンのソロ曲も数多く残しています。

Bob Brookmeyer(ボブ・ブルックマイヤー)

Bob Brookmeyer(ボブ・ブルックマイヤー)。
まず初めに、彼はトロンボーン奏者ではありません。
バルブトロンボーン奏者です。
そこが一番大事なところ。

トロンボーンという楽器はジャンルを問わず高い音のフレーズがよく出てきます。
それはトロンボーンの構造上高い音の方がスライドの動きが少なくなり早く複雑なフレーズに楽に演奏できるためです。
しかしボブ・ブルックマイヤーの楽器はバルブトロンボーン。

早いフレーズで中音域をガンガン使っています。
そりゃバルブトロンボーンだから、スライドを動かす必要がない。

音の繋がりも非常に綺麗。
そりゃバルブトロンボーンだから、タンギングではなくボタンを押せば音が変わる。

長いフレーズを一息で吹ききるところは非常に凄い!

学べるところはたくさんあります。
でも投票はしません。
トロンボーンじゃないから。
でもバルブトロンボーンなら世界一。

ボブ・ブルックマイヤーの耳コピ: https://isseiec.com/transcriptions
ボブ・ブルックマイヤーのソロ分析: https://isseiec.com/bobbrookmeyer

Fred Wesley(フレッド・ウェズリー)

Fred Wesley(フレッド・ウェズリー)。
ジャズトロンボーン奏者なのですが、これまでのトロンボーン奏者とはひと味違います。
大体ここまでで出てきたジャズトロンボーンはビバップの傾向が強いです。
しかしフレッド・ウェズリーのスタイルはファンク。

ビバップの早くスムーズにという方向性とは異なっています。
ファンクのソロなので主張が強く尖っています。

トロンボーンファンクのジャンルなら世界一の逸材です。
(フレッド・ウェズリー以外でトロンボーンのファンクなんてあまり思いつかないですけど)

フレッド・ウェズリーの耳コピ: https://isseiec.com/transcriptions

まだまだいるよ”世界一”

とりあえずランキング(2019年10月時点)で個人的に目に付いた10人を紹介してみました。
“世界一のトロンボーン奏者”と題してもここで上げた以外にもまだまだ優れたトロンボーン奏者はいます。

Conrad Herwig(コンラド・ハーウィグ)、 Michael Dease(マイケル・ディース)、Zoltan Kiss(ゾルタン・キス)……ランキングはまだまだ続きます。
日本人は一人も入っていませんし、個人的に好きなRay Anderson(レイ・アンダーソン)も登場しません。

それでもランキングを参考にして新しい”世界一”を探すのは面白いです。
知らないトロンボーン奏者の演奏を聴いてみましょう。
自分の中の世界一が変わるかもしれません。