ジャズトロンボーン分析/カール・フォンタナ(Carl Fontana)-ドゥードゥルタンギング

音楽/日々の練習

アルバム、”The Great Fontana“より”Always”。
ジャズトロンボーン、カール・フォンタナ(Carl Fontana)のソロ分析です。

アルバムのThe Great Fontanaはカール・フォンタナ初めてのリーダーアルバム。

アメリカの大学でジャズの授業を取っていたとき、このアルバムを聴かされ、ソロを耳コピしてくるようにという宿題が出されました。
それがカール・フォンタナのAlways。
人生初の耳コピでした。

Always

作曲はIrving Berlin。
彼の作曲ではCheek to Cheekが有名です。
セッションで聞いたことはないので、この曲はあまり有名ではないかもしれないです。

フォンタナは4拍子(4/4)で演奏していますが、3拍子で演奏されることもあります。

曲の構成は8小節ごとのABCD、32小節で1コーラスです。

カール・フォンタナのソロ

ソロのPDFは以下のリンクより。

耳コピ楽譜: https://isseiec.com/transcriptions

カール・フォンタナの何がそこまですごいのか?

カール・フォンタナとそれ以前のトロンボーンを聴き比べれば一発でわかることです。
第一に、フォンタナのソロはスピードが速い。
そしてどんなに速くなろうとも非常に滑らかな演奏をします。
その秘密はフォンタナのタンギングにあります。

ドゥードゥルタンギング

フォンタナのスムーズなタンギングは”ドゥードゥルタンギング”と呼ばれます。
J.J.ジョンソンはトロンボーンで初めてサックスについて行けるトロンボーンプレイヤーとして周知されました。
そこからカール・フォンタナはトロンボーンの技術をもう一歩先に進めています。
それがドゥードゥルタンギング。

通常トロンボーンはタンギングの発音で”tah(た)”もしくは”dah(だ)”を使います。

スピードが速くなると今度はダブルタンギング。
“tah”を使っていれば”ka”、”dah”を使っていれば”ga”を使うと思います。

ドゥードゥルタンギングはdoo-dleを使います。
発音は”doo-(d)lu”、”どぅ-る”です。

実はドゥードゥルタンギングはダブルタンギングの派生です。
ダブルタンギングを極限までレガート且つスムーズにするとドゥードゥルタンギングになります。
発音の違いで息の使い方、音の切れが劇的に変わります。
試しに手を口の前にかざして発音してみてください。

『たかたかたかたか……』
『だがだがだがだが……』
『どぅるどぅるどぅるどぅる……』

一つの音で息を長く、そして連続的に一定に保てるのはドゥードゥルタンギングです。
この発音を使うことで、速く滑らかな演奏を可能としています。

初めはゆっくり発音を正確に、それから徐々にスピードを上げて行きましょう。
音源を聴きながら一緒に演奏するのも非常に効果的です。

耳コピ楽譜: https://isseiec.com/transcriptions

リック

1.

1小節目でAbビバップスケールのフレーズ(Eb-E♮-F)。
間のBb-7 Eb7はii-Vとしてではなく、Abmaj7として流しています。

2.

コードが変わる小節の頭でコードトーンを踏んでいます。
矢印の部分はエンクロージャー。
Eb7ではEbペンタトニックスケール、Abmaj7ではAbメジャービバップスケール(Eb-E♮-F)も使われています。

3.

Dm7でCメジャースケールで上がっていって、エンクロージャーでG7へ。
G7ではドミナントビバップスケール(G-Gb-F)が使われています。

4.

2拍ごとのii-V。
Abmaj7のメジャービバップスケールのフレーズは2.で既に出ています。
この直前にエンクロージャーを置いています。

5.

Cm7の終わりからアルペジオで上がってF7の頭でb9。
そこからは毎小節エンクロージャーが出てきます。
Bbm7のフレーズは4.で出てきたのと同じものです。
4.ではエンクロージャーでAbへ、こちらはエンクロージャーでBbを置いています。
結構長めのリックですが、1小節ごとに区切っても全てそのまま使えるフレーズです。