誰も知らないフィリピンへ行こう!/Tingloy,Marikaban島

旅 × ストーリー

2019年今年もフィリピンに行ってきました。
2017年、2018年と毎年訪れ、今年で3回目。

『フィリピンに行くの?セブ島??』

とかよく聞かれますが、毎年マニラです。
それでも毎年行くたびに新たな発見があります。

今回はマニラがある本島から南Marikaban島へ行ってきました。

Marikaban島への道のり

4人でMarikaban島へ向かいます。

右からEC(自分)。
Meo-去年Couchsurfingでお世話になった。島に連れて行ってくれると言っていたが去年は時間がなかった。
(肩に載っているのは僕らのガイド)
Ferin-Meoが教えている学校の生徒。
Chris-中国からバカンスでフィリピンに来ている。Couchsurfingで知り合った。

Couchsurfingって何ですか?: https://isseiec.com/couchsurfing

朝5時に起床しマニラから出発。
ジプニー、バス、トライシクルを乗り継ぎMarikaban島へ船が出ているMabiniを目指します。

太陽が出る前に出発したのに船着き場に着いたのは朝の9時。
そして混んでいる。

普段はこんなことはないそうですが、この日は2月3日。
2月5日は中国歴の新年でフィリピンでは祝日。
多くの人がリゾートで過ごそうと多くの人が着たようです。

ここから船に乗って移動。

Marikaban島

何やかんやで島に着きました。

こんな場所があるんだ!!

それなりに旅をしてきた気がするけど、今まで見たビーチの中で一番きれい!!
島にいる間にこの島の頂上にも登るのですが、上から海の底が透けて見えるほど水が透き通っています。

日中は島を散策したり浜辺で遊んだりしていました。

夜になると島は途端に真っ暗になります。
一時期、道に電灯を置いたそうですが、台風の影響で波に流されてしまったそうです。

島の住人と過ごし1日目は終了。

Mag-Asawang Bato山

2日目は島で一番高い場所Mag-Asawang Bato山へ目指します。

2018年9月 富士山、マチュピチュ。
10月は赤城山。

旅を初めてからというもの山にもそれなりに登っていますが……

めちゃくちゃきつい。

それもそのはず。
この山道はほとんど整備されていない申し訳程度の一本道。
しかも気が倒れていたり整備された跡がほとんどない。

島なので高さはそれほどでもありませんが、今まで登ったどの山よりも斜面が急。

頂上!
そして山の頂上にある大きな岩の一番上へ。

写真ではそれほど大きくは見えませんが、この岩の高さは3階ぐらいです。
これに木と岩をつかみながら山の頂上の岩の先端まで登ります。

命綱など当然無い!
めちゃくちゃ怖い!!
しかし登ると……

360度島全てが見渡せる。
写真では伝わりにくいですが浅瀬の部分は海の下の砂が見えます。

来年もまたここに来ようと思う

帰りは行きのようにリゾート団体用ではなく送ってもらいました。

船の上での日暮れ。

来年もまたここに来ようと思う

因みにマニラから島での移動、食事、寝泊りを含めて3000ペソ(6000円ぐらい)。
現地の人の協力があったからこんなに安く済ませられる。

街から離れると英語を話せる人もほとんどいなくなります。
しかもグラブも機能しない。

一人で来るのは難しいかもしれませんが、(訪れることができるならば)おすすめの場所です。