北欧旅行は船がおすすめ!/豪華客船でバルト海を横断しよう

旅 × ストーリー

先日ストックホルム(スウェーデン)に行ったのですが、なぜかタリン(エストニア)に行くことになりました。
と言うのも……

『冬のストックホルムに行く場所なんてほとんどないよ』

ストックホルムで家に僕を泊めさせてくれたSivanに言われたことです。

Sivan『……そうだ!最高にかっこいい旅の方法を思いついた!船に乗ってストックホルム(スウェーデン)からタリン(エストニア)、ヘルシンキ(フィンランド)って船で行ってみるのはどうだい?』

この勧めに従い船に乗ってタリンに行きました。

北欧の船旅はおすすめ!

北欧の船旅について書きます。

まずは船のチケットを買おう

船に乗るためには当然チケットを買わなければなりません。
Sivanに勧められたのは以下の二つのサイト。

北欧圏の船を扱っており、ストックホルムからも船が出ています。
こちらのサイトに出発港と目的港を記載して検索。
すると直近の日時から利用できる船、客室の階級と空き状況が表示されます。

事前に予定を組みたい場合は日付を指定。
僕みたいに突然行くことが決まった場合はとりあえず検索して、値段を見て選ぶこともできます。

今回はエストニアのジャムセッションが目的の為ストックホルムとタリンの往復をチケットを購入しました。

Sivanの当初のおすすめは……

ストックホルム(スウェーデン) → タリン(エストニア)
タリン(エストニア) → ヘルシンキ(フィンランド)
ヘルシンキ(フィンランド) → ストックホルム(スウェーデン)

この場合は片道チケットを3つ購入という形になります。
ストックホルムは他の都市から地理的に離れているため船内泊なります。

自分の部屋はこんな感じ。
一番安いチケットですが、個室で快適です。
料金は日本円で往復で約2万円です。

補足としてタリンとヘルシンキは距離が近いため船旅は2時間ほど。
値段もずっと安くなります。

船旅の方が飛行機よりも早い!?

『別に北欧を回るなら飛行機でいいじゃん。そっちの方が早いし』

という声が聞こえてきそうですが、これは場合によっては間違っています。
なぜなら北欧の都市は港都市であるということ。

通常空港は都市から少し離れた場所に作られます。
しかし北欧圏は港は都市の一部です。

すなわち港に着いた瞬間からそこがすでに都市部!

タリンの旧市街も徒歩圏内です。

  • 都市部から出発する飛行場まで移動。
  • 飛行機を降りた後に再度都市部へ移動。

このような手間を考えると、都市と都市を海で直接結ぶ船旅は場合によっては飛行機よりも早く着くことができます。

船旅にはエンターテインメントがある

そして船旅には他にも陸路や飛行機にはない利点があります。

それはエンターテインメント!

一番安い部屋であろうが船はクルーズもある豪華客船です。

船の階層10階まであり娯楽区画も存在します。
(車の駐車スペース、客の宿泊部屋などもありますが)

バー、レストラン、クラブ、カジノ、ブランドショップ、スーパーマーケット……

そしてステージ!

お酒や料理はもちろんのことライブ音楽、モンゴルの雑技団など数時間ごとにステージが切り替わります。

そして船内泊の船旅なのでバルト海の真ん中で日の出、日の入りを見ることもできます。

北欧は船で旅をしよう

今回はストックホルムから急遽タリン行きの計画を立てたためあまり考える時間がありませんでした。
間違いなくタリンには再び行くので今度は船を利用してフィンランド、ラトビアなども行ってみようと思います。