ジャカルタ(インドネシア)のジャムセッション/ラマダンだろうと音楽を探せ

旅 × 音楽

音楽だけでは生きられないが、音楽なしでは生きたくないね!

インドネシアに行きました。
しかし自分が行った時期、イスラム教はラマダンの真っただ中。

音楽、やって、ない!

イスラム教国に行くならラマダンに注意: https://isseiec.com/ramadan

……それでも諦められるか!

ジャカルタのジャズ

日本にいたころ事前に調べて見つけたのは3つ。

Cafe Batavia: https://www.cafebatavia.com/
Jazzkini: https://www.facebook.com/jazzkini/
Pavilin 28: https://www.instagram.com/paviliun_28/?hl=en

世界のセッションリスト: https://isseiec.com/listofjams

この中でメッセージが返ってきたのはJazzkini

Jazzkini『5月21日にやってるよ~』

いや、5月21日は私すでにジャカルタにいません。

連絡はありませんがPaviliun 28のインスタグラムで見つけました。

毎週木曜日ジャズ!
行くっきゃね~!!

Paviliun 28

5月9日木曜日。
Paviliun 28に行ってきました。

やってない ←

店員さんに聞いてみる。

EC『毎週木曜日にやってるんじゃないの??』
店員『ラマダンの一週目だけはお休みなんだ』

おのれラマダン~~!!

ここまで移動するのに疲れたのでPaviliun 28で飲んでいると、インドネシアで宿泊先のFaisalが友達を連れてやってきました。

その中の一人Aaron。

Aaron『ECはジャズをやってるってFaisalに聞いたよ。ピアノがあるから何か演奏してみる?』

Aaronはジャズ畑ではないですが、プロの作曲家だそうです。
簡単なジャズならお茶の子さいさい。

まあラマダンで全く音楽なしよりはましか……

店員『すごく良かったよ!火曜日にブルースがやってるからまた来てよ』
EC『OK(やったぜ!!)』

バンダンへ

週末はCouchsurferのAisyaとバンダン(Bundung)へ行きました。
道の距離は160キロ程離れていて、車で4,5時間(混み具合による)ぐらい。

Aisya『バンダンも結構ジャムセッションがあるみたいだよ』
Aisya『ごめん。ラマダンでどこもやってなかったよ』

おのれラマダン~~!!

バンダンにて去年日本にいる時に家に泊めたRanjiと再会。

Couchsurfingでインドネシアの旅行者を家に泊めてみた: https://isseiec.com/beingahostfirsttime

町はラマダン中なので、バンダンの近くにある泉の近くで音楽。

Paviliun 28のブルースセッション

今度こそ!
火曜日、再びPaviliun 28へ!!

やってました!!
曲の間でホストのミュージシャンがMCをやっているのですが、インドネシア語(?)なので何を喋っているのか全くわからないけど。

とりあえずChiko(写真右のギター)に声を掛ける。

EC『今日ってセッションで演奏に参加できるの?トロンボーン持ってきたんだけど』
Chiko『Cool!!じゃあ次の曲から入れるね』

僕が知る限りブルースセッションは曲のノリがブルース一本で結構飽きが来るのですが、ここは違いました。
典型的なブルース、R&Bはもとより、ファンク、ジャズ、ロックまで。
様々なジャンルをカバーしてました。
そしてシンガーも含め、とにかく参加する人が多い!!

 

店も座るところがない、いっぱい状態。
しかし話を聞いてみるとラマダン中でこれでも来る人数は相当減っているのだそうです。

セッションの時間もラマダン中なので自粛して23時まで。
普段は日付が変わって朝の1時、日によっては日が昇るまでセッションが続いているそうです。

次来るときはラマダン期間外で

Paviliun 28にていろいろな人に声を掛けてもらえましたが、やはり思ったのは……

『ラマダンじゃないときに来るべきだった!!』

インドネシアはまた来ます!
今度はラマダンじゃないときにね!!