マウンテンバイクデビュー!-MTBディスタンスチャレンジ@ベルマーレアドベンチャーヒルズ

マラソン/トライアスロン

MTBディスタンスチャレンジ@ベルマーレアドベンチャーヒルズにて。
マウンテンバイクデビュー!!

2023年のXTERRAアクアスロンから、『自然の中でトライアスロンをやりたい』と思い2024年。
マウンテンバイクを購入しました。

とは言っても、普段の練習はロードバイク。
マウンテンバイクは押入れの中で眠っています。

因みにこのマウンテンバイクは8万円で譲っていただきました。
譲ってくれた方は2023年のXTERRA根ノ上高原に参加されたとのこと。
その彼曰く、『XTERRAのマウンテンバイクコースは鬼のように厳しい』。

4月のギリシャ、XTERRA Greece。
私が出走したのはアクアスロンでしたが、マウンテンバイクのコースを横目で見ていました。

『MTBはかなり危ないコースを走っているなぁ。。。』

一度もオフロードを走らずに難易度が高いコース。
これは少し怖い。
オフロードMTBの練習場所を探していた際に見つけたのが、ベルマーレアドベンチャーヒルズでのMTBディスタンスチャレンジでした。

MTBディスタンスチャレンジ@ベルマーレアドベンチャーヒルズ

ベルマーレアドベンチャーヒルズでのMTBディスタンスチャレンジ。
このイベントの良いところ。

-場所が神奈川県と関東圏内。
-前日の23:59まで予約が可能。当日の天気予報を確認してから応募ができる。
-距離ではなく時間制で、自分のペースでレースを進められる。
-MTBの初心者講習がある。

オフロード初めての私には最高の条件!
ただ一つ当日の誤算が一つ。

大会当日は5月3日、ゴールデンウィーク後半の初日。
道が混んでいて、初心者講習に間に合いませんでした。

当日はそれでも、レース本番前に1周だけ試走することができました。
そして、

1周の試走で3回転びました。

一番の問題は下り坂。
坂を下りていると、後輪が地面から離れる。
そこから前転をするような形で自転車ごと一回転。
体が自転車から投げ飛ばされる。

試走の1周が終わったころにはすでにボロボロ。
そんな私を見かねてか、主催者様よりアドバイスをいただきました。

下り坂で前に体重がかかっているから、後輪が持ち上がり前に転ぶ。
目線を下に向けると前に体重がかかるので、遠くを見ること。
それと座る場所はサドルからはみ出るぐらい後ろに体重をかける。

このアドバイス一つを意識するだけで、大分楽になりました。
試走の際は1周に40分近くかかりましたが、本番の1、2周目はそれより早い。
3、4周目は疲れてどんどん遅くなっています。

因みに、上りは下りとは逆に前に体重をかけると良いみたいです。
他の出場者は急斜面の上り坂もMTBに乗って上っていました。
私は早々に諦めて自転車を降り、坂の上までMTBを押しました。

MTBディスタンスチャレンジ、3時間耐久レース。
参加者グループは11。
個人参加は内10人。
私は2時間38分かけて4周走りました。
順位は10人中8位。
小規模な大会でMTBデビューとしては走りやすい大会でした。

一周約5キロのコース、試走を含めると5周で25キロ。
5月18日のXTERRA根ノ上高原はMTBの距離は25キロ。
とりあえず完走だけは何とかなるだろう。