“白色世界”と”天空の鏡”/ウユニ塩湖

旅 × ストーリー

前回までのあらすじ

ペルー編
日本を出発~ナスカの地上絵の地獄

クスコ(標高4200メートル)

マチュピチュ

頭が痛い

ボリビア編
ラパスの街並み

頭痛がする
は…吐き気もだ…
くっ…ぐう
な…なんてことだ…
このECが……気分が悪いだと?

奇妙なイニシャルDより

↑二度目
更にひどくなってます ←
それでも旅は続きます。

ウユニ村

南米ツアー。
最後の目的地はウユニ。
ここ周辺の標高は大体3700m。
富士山級です。
大変頭が痛い ←

ウユニ村。
現在発展途中 ←
建設途中の建物も多く見受けられます。

というのも、ウユニ塩湖……

塩だけではなくレアメタルとかも取れるそうです。

希少金属の排出も含め、それ関連でも人口が増えています。
近い将来”村”から”町”になるかも。

ここへは飛行機で来ましたが、電車でも来れます。
ただ毎日走っているわけではないのでご注意。

日本のアニメが人気と言ってましたが……

野菜人5混ざってますよ?

因みに……

僕は”超”より”GT”が好きです ←

Q. 右後ろはザイコーですか?
A. いいえ、知らない子です。

駅がありましたが、車でしばらく線路沿いを行くと汽車の墓場があります。

今はもう廃棄されているため登ることもできます。

線路は続くよ
どこまでも

進行方向はチリ方向。
後ろはアルゼンチンです。

ウユニの塩湖部分に行く前に準備。
長靴に履き替えです。

さらば壊れたサンダル。
お前はよく頑張った!
日本に帰ったら新しいの買うよ!!

旅人の靴: https://isseiec.com/byeoldshoes

白色世界

はい。
真っ白け。

日焼け対策を一切していない私は大ダメージを受けています ←

驚くほどの白さ!
漂白剤のCMとかやればいい。

実際は太陽が反射しギンギラギンの目を灼くような白。

何もない。

何もないわけでもない ←
お昼ご飯の会場。

変な写真を撮ったりするところでも有名ですよね。

雪みたいですが、車……機械類には猛毒。
トヨタは塩毒にも強いと現地では有名みたいです。

白色世界の小さい島

白色世界をしばらく行くと島があります。

Incahuasi……
インカワシ島……日本語表記あってます??

ウユニ塩湖のほぼ中心に位置する島。

当然、周りは真っ白け。

日本人は1~3月、”天空の鏡”を見るために訪れる方が多いようです。
しかしガイドさんのおすすめは4~6月。

というのも雨のシーズンはこの島を訪れることが難しい。
周りが塩水になっておりここに来るのが非常に困難。

雨季が終わってまだ一部水が残っている間の乾季に訪れると、

“白色世界”
“天空の鏡”

どちらも見ることができるそうです。

バイクで来ることも可能。

Dakarという世界一過酷なレースも行われているそうです。

また登るのか……。
頭が痛いっちゅうのに。

因みにこの”→”サイン……

木でできています ←

サボテンの ←

この島ではいろいろなものがサボテンで作られています。
見分けるのはとっても簡単。

穴がいっぱい空いている木製のものが実はサボテン製。

サボテンは1年に1cm伸びるそうです。
お隣の方の出身は鎌倉時代辺りですか??

頂上。
標高は3742メートル。
頭が痛いので休んでいるだけ。

天空の鏡

日が暮れ始めるので車で水が残っているところに移動。
ウユニ塩湖を訪れる時期としては。

  • 1~3月 雨季。日本人ピーク。”天空の鏡”。
  • 4~6月 ガイドさんおすすめ。”白色世界“と”天空の鏡”両方見られる。
  • 7~9月 夏休み。ヨーロッパ人ピーク。”白色世界”。
  • 10~12月 行くのはやめた方がいい ←

10~12月は”白い大地”が砂で汚れてしまっているらしいよ。

今年は例年よりも雨が多かったので9月にも水が残っている場所があるそうです。

母、弟、僕と3人で行っているのですが……

誰も何も調べていない!!

まあ、気象に関しては神のみぞ知るといったことなのですが。
今年はたまたま運よく”天空の鏡”も見ることができそう……。

しかし残念。
風が強くて水面の映りがあまり良くないです。

夕暮れ時。

夕暮れ後。
世界の色がどんどん変わっていきます。

写真加工はしてないです。
正直面倒くさい ←

おわり、そしてはじまり

その日の夜。
塩のホテルにて。
夕食後に星空観賞があったのですが……

止まるんじゃねぇぞ…

by 団長

僕は行けませんでした。

頭が痛くてもう限界。
再起不能です。

母の感想としては……

『星が天球の空に浮かんでた。地球が丸いって感じがした』

僕も行きたかった ←

消化不良感が否めませんが、これにて南米旅行はおしまいです。

南米旅行 完

……。
…………。。
……………………。。。

ではありません!
ここからが本編じゃ!!

南米”家族“旅行はこれにておしまい。

しかし私は”旅するトロンボーン”!
これまでは”旅する”。
そして私は”旅するトロンボーン”!

頭が痛かろうが、
トロンボーンがなかろうが、

ジャムセッションに行くんです!

 

次回(という名の本編)”旅するトロンボーン”。
ボリビア、ラパス。
『トロンボーンがないのなら、お歌を歌えばいいじゃない!』
デュエルスタンバイ!!